Back to blog

【インタビュー記事】徳山洋輝さんプロボクサー転身へ意思決定した背景や想い。

プロボクサーの徳山さんはRe.HatchのCEOを務める迫田と中学時代の友人であり、現在プロボクサーとして奮闘されていますが、今もボクシングに熱中しているその理由をRe.Hatchのビジョンでもある「意思決定で世界をうごかす。」をテーマに今回徹底解剖しました。


-徳山さんのボクシングを始めようと思ったきっかけは何ですか?

徳山さん:高校生の時に『はじめの一歩』を読んで、ボクシングファンになったことがきっかけでした。
実は、小中高とずっとサッカー部に所属していたのですが、サッカーって「THE団体競技」じゃないですか。一方で、ボクシングはミスをしても、そのミスをカバーするのは自分だし、何よりも自分の力で勝ち負けが決まっていくことに憧れを抱いたんですよね。

-『はじめの一歩』がきっかけだったんですね(笑)
サッカーの経験は、今のボクシングにどう活きていると思いますか?

徳山さん:フィジカル面では、サッカーの足の動きがボクシングにも活きていると思いますし、サッカーの経験から培ってきた根性はメンタル面で活きていると思います。
そう考えると、根性とコンプレックスだけでやってきましたね。意地でも負けたくないという気持ちで戦っています。

-ボクシングをやっていく上で、どんな人達との出会いがありましたか?

徳山さん:特に先輩方との出会いは大きかったです。ボクシングの強さや、練習に励む姿はもちろん、自分一人では勝てないことを理解して、どんなに忙しくても互いに支え合う姿勢がかっこいいと思います。

-ボクシングにおいて、そういった環境はやはり大切なんですね。

徳山さん:意外かもしれないんですけど、ボクシングってやればやるほど、チームで戦っている感覚があるんです。一人でプレーしているようで、セコンドの指示を聞かないと勝てなかったり、応援があるからこそきつくても戦えます。普段の練習でも、仲間やトレーナー、スポンサー、マネージャー、奥さんまで、みんなの支えがあってできることなので、周囲や環境に感謝しながらプレーしてます。

-サッカーも団体競技という話が出ていましたが、徳山さんの中で違いはありますか?

徳山さん:お恥ずかしい話、主役になりたい気持ちが大きいんだと思います(笑)。自分が試合に勝っただけで、周囲の人たちがものすごく喜んでくれる姿を見ることが気持ちいいんですよね。

-その感謝の気持ちからくる達成感や高揚感が徳山さんのエネルギーになっているんですね!徳山さんは現在もプロとして活躍されていますが、今までの意思決定で後悔したことはありましたか?

徳山さん:僕は、自分の選んだ先を正解にしようと行動しているので、今までの人生でほとんど後悔はないのですが、営業マンになったことは間違いだったなと思ってます。当時は、ボクシングだけの男になりたくないと思っていたので営業にも挑戦したのですが、結果的に練習時間も減りましたし、ボクシングのことを第一に考えるべきだったなと思います。

-確かに両方大事にしたくても、うまくいかないこともありますよね。
反対に、この決断は良かったということはありますか?

徳山さん:営業を辞めて、ボクシングのことを考えて就職し直したことは良かったと思います。
この決断は、奥さんが「このままだと後悔するよ。今の仕事辞めてもいいから、ボクシングを第一に考えて仕事探しなよ。」って後押ししてくれたおかげです。

-そんな素敵なエピソードがあったんですね。

徳山さん:あとは、僕はプロデビューが人より遅い方で人より時間が無かったからこそ、いろんなことを常に疑いながら、時間を無駄にしないように行動する癖がついたので、逆に遅れてデビューして良かったなと思っています。

-遅れてデビューしたからこそ、がむしゃらに頑張るわけではなく、今の自分に何が必要か考えるきっかけになったんですね。

徳山さん:そうですね。そういう考えになれたのは僕の常識を壊してくれた師匠がいたからなんですけど、「デジタルの考えを捨てろ。アナログになれ。0か1かで考えるな。絶対その間があるはずだ。」という言葉が印象的でした。

-0と1の間が絶対にあるって考えがすごい素敵ですね!!

徳山さん:「絶対に、これが正しいと思ってやるな。」という考えから意識はすごい変わりましたね。とにかくやるのではなくて、正しい努力をしようと思いました。

-徳山さんの今後の抱負はありますか?

徳山さん:いけるところまでいきたいですね。自分はまだまだやれると思っているので、今後にわくわくしてます!

-そのわくわくを今後もRe.Hatchと共有させていただけたらと思います。最後に、プロとして夢を追い続けて勝ちたいと心から思っている方々へエールをお願いします!

徳山さん:自分の気持ちや人に対して誠実でいてください。

大きな挑戦に対して1歩踏み出せない方が多いと思うのですが、1つの芯を持ち続けていれば、その他はブレブレなくらいが人生面白いので、色んな事に挑戦してほしいです。

色々なことをやっていく中で、色んな気づきがあるので、その過程を歩むことも楽しいし、僕が営業をやって「やっぱりボクシングしかない」と気づけたように、着実にゴールに近づいていけると思います。


今回は、Re.Hatchがスポンサーを務めるプロボクサーの徳山洋輝さんにインタビューさせていただきました。
徳山さんの今後のご活躍をRe.Hatch一同、応援しています!!