Challenge & Solution

Verizonは、移動中、移動しようとしている、またはVerizon FiOSが利用可能かどうかを確認したいだけの現在および潜在的なユーザーと話す方法を探していました。 また、会話と視覚の両方でユーザーと交流し、交流する新しい方法を探求し、作成することも任されました。 私たちのソリューションは、ユーザーが自己識別方法に基づいて仕出し屋情報を取得できるワンストップショップを作成することでした。

Services

  • Consulting
  • Information Architecture
  • Personas
  • User Experience
  • Content Audit
  • Art Direction
  • Use Cases
  • User Interface
  • Branding

今回は3つのペルソナがあることをユーザヒアリングや市場調査を経て可視化

ユーザーがどのようなニーズがあるのか。どんな体験を提供すれば満足度が向上するのかを細かくA/Bテストを含めて検証していきました。

そうすることで、ユーザーは、FiOSの強みにマッチする確率があがり、FiOSがどのように生活を改善できるかについてより多くの情報を得る導線を設計しました。

設計とコミュニケーションのプロセスのために、デザイナーのクリスが日々の生活にどのように影響するかについて、言語(デザインとコピーの両方)をブラッシュアップを繰り返し250案の中から最適なコミュニケーション戦略を作りあげた。

トライアンドエラーを繰り返すことができるように互換性のあるモジュラー設計を取り入れた。
そうすることによってブランディンングをより強化して
新規ユーザのセッション率や各ページの遷移率をあげていきました。

Verizon FiOSのウェブデザイン

タブレットでの表示例

スマートフォンでのデザイン